引き寄せの法則と潜在意識を実践し願いを叶える記録

引き寄せの法則や潜在意識で学んだ事を記録して行きます

意志と呼ばれる大いなる力

こんにちは

クローバーです^^

 

f:id:hikiyose2:20160507014254j:plain

 

今回の引き寄せの法則と潜在意識は

「意志と呼ばれる大いなる力」です。

 

 

 

【目次】

物事に取り組むときの意志

 

あなたはあなたの願いを叶えるために

どのような意志をもって取り組んでいるでしょうか?

 

多くの人は「こうなりたい」という「なりたい自分」や

願いがあったとしても何も行動できなかったりします。

 

ですから

なかなか「なりたい自分」になれなかったり

願いが叶わなかったりします。

 

逆に

あなたが心の底から思い描き、願い、

行動するのであれば必ず思い通りになるのです。

 

引き寄せの法則にこんな一説があります。

 

多くの人は心の底から『やる』というところまで奮起していません。

そこ届きさえすれば後戻りがきかなくなり、

『意志』と呼ばれる大いなる力を発揮できます。

 

(出典:引き寄せの法則「ウィリアム・W・アトキンソン」)

 

私たちが大いなる意志の力を使えば

叶わない願いはありません。

 

私たちが大いなる意志の力を使えば

必ず「なりたい自分」になれるのです。

 

https://www.instagram.com/p/BmPGOFjHpgS/

【花園神社のお末社】

 

行動の感情のベースがネガティブな場合

 

初めのほうに多くの人は願いや願望があっても

なかなか行動するところまで行かない。というお話をしましたが、

「何か行動しなくては!」と焦ったり、「自分にはないが出来るのだろう」と

悩んだりすることは、少し違います。

 

そもそも「焦り」や「悩み」または「不安」や「恐れ」などの感情は

「ネガティブな感情」ですので、持っていることでマイナスになる事はあっても

プラスになる感情ではありません。

 

不安や焦りや恐れなどの感情があなたを支配している場合に、

あなたの考えられる事というのは、かなり幅が狭くなっています。

 

簡単に言えば「視野が狭い状態」なのです。

 

「希望」や「ワクワク感」がベースになっている状態の考えと

「不安」や「焦り」「恐れ」などがベースになっている考えでは

どちらが建設的なアイディアが出るか。という事です。

 

ですから、まず、根底の感情を

ポジティブなものにすることが必要なのです。

 

そして、そのポジティブな感情を続けて行く事で、

必ずあなたの元へ「あなたがやるべき事」が現れてきます。

 

それを感じる事が出来たら、

あなたは何も考えることなく「やり抜く」と決めれば良いのです。

 

多くの人は、そこを誤解してしまうので

何かに追われるように行動を起こしてしまいます。

 

その状態というのは、くり返しになりますが

ベースがポジティブなものではないので、

せっかく起こした行動でも不平不満ばかり出たり、

悲観的になったり、ひどい時には被害妄想的なことまで言い始めます。

 

そうなってしまったら、何のために起こした行動なのか

よく分からなくなってしまいますし、

行動を起こしたこと自体がマイナスになってしまうのです。

 

 

 

ネガティブな感情に流され続けた人の話

 

私の知り合いでもいたのですが、

その知り合い自体が人をネガティブにさせる才能があるというか^^;

周りの人の「足りないところしか見ない」タイプの人でしたので

周りから好かれるタイプではありませんでした。

 

その知人が何かのお店をオープンさせたそうなのですが、

やはり従業員さんのやる気を削いでしまうようで、

従業員さんが重要な局面で辞めて行く。という状態で、

人も育たず、経費ばかりが増えて来ているようでした。

 

何となく、その知人からの話でしか分からないのですが

(もちろん、その知人は自分に問題があるとは言いませんが^^;)

従業員さんがやる気を失くして辞めて行くところはイメージできました。

 

私自身がその知人の話を聞いていても

「それじゃあ、やる気でないよね^^;」と思ってしまうくらいでしたので、

働いている人たちは、なおのこと、そう思っていたでしょう。

 

もちろん、

その知人は私のアドバイスなどは聞く耳を持っていないので(笑)

私も黙って話を聞いているだけでした。

 

そうこうしているうちに資金が厳しくなってきたようで

その知人が「働きに出る」と言っていました。

 

もちろん、その根底の感情は、相当ネガティブなモノだったでしょう。

 

せっかく決まった職場の話もネガティブな発言しか出て来ませんでしたので、

もはや、掛ける言葉さえも無くなっていました^^;

 

「お店の赤字の補填が出来るお給料をもらえることに感謝したら?」

と言っても、「あんな劣悪な環境がなんとか」とか

「ブラック企業につかまってしまった」など、感謝とは程遠い言葉しか

その知人の口からは出て来ませんでした。

 

結局、その知人は、せっかく雇ってもらった会社を辞めて、

次の会社も半年くらいで「あんなパワハラ会社やっていられない」といって

また辞めてしまっていました。

 

それ以降は「なかなか職探しがうまく行かない」と言いつつも、

自分のお店のほうも余りうまく行っていないようでした。

 

その後は、お店も辞めてしまって借金だけが残った。

というようなことを言っていましたが、

私もそんなに親しいワケではなかったので、それ以降は分かりませんが、

もし、その知人の行動のベースが「ポジティブなモノ」であったら

同じ結果ではなかったように思います。

 

https://www.instagram.com/p/BmP9hkLH0wn/

【花園神社の拝殿】 

 

ですから、あなたが行動を起こす時には

まず、その行動がポジティブなものなのかネガティブなモノなのか。

という事は認識していただきたいと思います。

 

そして、仮にネガティブなモノからの発信だとしても、

そのネガティブな感情をポジティブなモノへと変えて行けるかどうか。

という事も大事になってきます。

 

せっかく起こしたあなたの行動が

「返って起こさない方が良かった」とならないように

まず、あなたの願いを肯定し続けてください。

 

そのうえで「自分がやるべき事」と確信したのであれば

ぜひ、それを行動に移していきましょう^^

 

その判断基準は「楽しいと感じる」「ワクワクする」「情熱を持てる」など

あなたの感情がポジティブなモノであるかどうか。という事なのです。

 

私の願いの一つに

「このブログを通じて多くの人を成功や幸福に導く」

というモノがあります。

 

あなたがワクワクするようなポジティブな感情で行動を起こすことで

あなたの望んだ通りの人生を得ていただくことが

私の願いでもあるのです。

 

という感じで今回はこのあたりで失礼します。

 


四合稲荷神社

 

 

 

【関連コンテンツ】