引き寄せの法則と潜在意識を実践し願いを叶える記録

引き寄せの法則や潜在意識で学んだ事を記録して行きます

潜在意識を動かし人を責めることなく解決する

こんにちは

クローバーです^^

 

f:id:hikiyose2:20160507014254j:plain

 

今回の引き寄せの法則と潜在意識は

「潜在意識を動かし人を責めることなく解決する」です。

 

【目次】

潜在意識の実践

 

あなたはあなたの潜在意識に力を信じているでしょうか?

 

または、信じるように努めて

あなたの願いが必ず叶うと信じるようにしているでしょうか?

 

あなたがどのくらい学び、理解し、実践しているかにもよりますが、

多くの人は自分の願いを叶えたいと思えば

その方法は様々だと思いますがそれらを実践していると思います。

 

例えば、眠る前に願いが叶うイメージをする人もいるでしょうし、

通勤の電車の中や仕事の休憩中など体をリラックスさせて

イメージたりアファメーションをしたりする人もいるでしょう。

 

また、ちょっとしたスキマ時間や歩いている時などを活用して

アファメーションをくり返し続ける人もいるでしょう。

 

いずれの方法にしてもそれを実践している人は多いと思いますし、

せっかく引き寄せの法則や潜在意識の法則を学んでいるのですから、

それらを実践し続けて行って欲しいと思います^^

 

願いが叶わない人

 

多くの人が願いが叶わないのは

自分の願いに対して否定的だからです。

 

「こんなことできるワケがない」「自分が成功できるワケがない」

「世の中、そんなに甘くない」などと口に出し続けたり、

否定的なものやネガティブなモノの見方しかしないのも同じです。

 

せっかく引き寄せの法則や潜在意識の法則を知り、

少し学んで実践した人の多くが望み通りにならないのは

「途中で諦めてしまうから」です。

 

自分の願望がなかなか近づかないと感じてしまい、

それを思い続けてしまうとその考えに支配されてしまいます。

 

そうなると、ほとんどの場合、

「こんな事やっても時間の無駄だった」とか

先ほどのように「世の中そんなに甘くない」と言いだしてしまうのです^^;

 

そのような否定的な考えは

「信じよう」とする気持ちよりも強い場合が多いので、

結果的に否定的な思考や感情に支配されてしまうので

その否定的な考えがあなたの現実になってしまうのです。

 

時には疑ってしあうこともある

 

もちろん、どんな成功者や願望実現した人であっても

時には自分の力や内なる無限の才能を疑ってしまうこともあるでしょう。

 

私自身も基本的には「私の願いが叶わないハズがない」と確信していますし

その確信から、ある意味では無関心である事の方が多いです。

 

ですが、願っている方向と「一時的に」違った結果になると

時には自信が揺らぎそうになることもありますし、

一瞬ですが疑いが生まれそうになる場合もあります。

 

重要な事はその否定的な考えに支配されない事です。

 

先ほども話しましたが

成功者と呼ばれている人たちの多くも時には疑うこともあったでしょう。

 

ですが、自分自身や無限の力を信じ続けることで

最終的には得たい結果を得て「成功者」と呼ばれるようになったのです。

 

ですから、あなたも疑いそうになったら

何度もこのブログに戻ってきていただいて

他のお話も含めて多くのことを学び返して頂けたらと思います^^

 

他の人を批判しない

 

もっとも重要な事は

あなたがあなたに願いを叶える力があることを確信できれば

あなたに願いは叶うということです。

 

それに対して批判的にならない事も大事ですが

同じくらい大事なことは「人を批判しない」ということです。

 

「批判」の他にも他の人を否定したり、不平不満を言ったり、

嫉妬したり、責めたりするようなことも同じです。

 

他の人に対してネガティブな感情を抱くことは

あなたの自身の人生にもネガティブなモノを引き寄せるのです。

 

もちろん、誰がどう考えても、相手が悪い場合もあります。

 

そのような場合であったたとしても

相手を責めたり批判する前に、潜在意識を活用してみましょう^^

 

その「潜在意識を活用する」という行為は

「他人を責めたり非難する」という短絡的な行為よりも

大変有意義な行為になるのです。

 

 

 

ある医者の話

 

「マーフィ眠りながら巨富を得る」の中に

ある医者の話があります。

 

その医者には支払いをしてくれない患者がいたそうです。

 

その患者さんというのは、その医者の友人だそうで、

その支払いについても、かなり寛大に接していたそうです。

 

ある時、その医者が、その患者さんが遺産相続で

かなりの大金を手に入れたのを知り、支払いを求めたそうです。

 

そうすると、その患者は支払いを求められたことに対して

非常に腹を立てて、その医者に対して非難し、

「あなたの治療は役に立たなかった」などとも言ってきたそうです。

 

何とも残念な話なのですが、

その医者がどのようなことをしたかと言いますと、

支払いの回収代理業者に回す前に潜在意識を活用してみることにしたそうです。

 

次の一節のように黙想そして、心の中で自分に言い聞かせたそうです。

 

「ジョーンズ夫人(仮名=先ほどの患者)は正直で、愛情もあり、

親切で、そしておだやかな人です。

神の愛と調和が彼女の全存在に充満しています。」

そして彼女が彼(先ほどの医者)のすぐ前にいて、

「これが小切手です。ありがとうございました。

あなたに神の恵みがありますように」と言っているところを

想像しました。

 

(出典:マーフィー眠りながら巨富を得る)

 

彼は朝夕数分間、これを行ったそうですが、

数日後の結果は驚くものだったのです。

 

それは、例の患者が医者を訪ねてきて、先日のことを深くお詫びし、

請求額よりもかなり多い金額を差し出してきたそうです。

 

その医者はその患者を少しも非難せずに潜在意識を活用し、

すべての問題を解決したのです。

 

もし、あなたがこの話を聞いて

「偶然でしょ」とか「たまたまじゃないの?」と思うのであれば

まだ潜在意識が何たるかを理解できていないのかも知れません。

 

潜在意識には主語がない

 

潜在意識には「主語がない」とよく言われています。

 

例えば、あなたがあなたの知り合いの「Aさん」に対して

「Aさんに不幸が訪れますように」と念じていたとしましょう。

(もちろん、そんな事ないと思いますが^^;)

 

そうすると、先ほども話しましたが

潜在意識には「主語」がないため、あなたの潜在意識は

あなたが「自分に不幸が訪れますように!」と強く念じている。

と受け取るのです。

 

昔からのことわざで

「人を呪わば穴二つ」と言いますが言い得て妙ですね。

 

人を呪ったとしてその相手が墓に行ったとしたら

呪った自分も墓に入るので「穴二つ」なのだとか。

 

潜在意識を動かし人を責めることなく解決する

 

先ほども話しましたが、

時として、誰がどう考えても相手が悪い。という場合もあります。

 

ですが、それに対して非難したり責めたりしても

現状が良くなることは余りありません。

 

仮にそうせざるを得ない場合は

そうする前に、先ほどの医者のように相手の素晴らしさを

自分の潜在意識に送り続けてみると良いでしょう。

 

さらに言えば、その相手の幸福や幸運を祈ってあげると

尚、良いかも知れません^^

 

自分に対して批判して来たり、批判して来たり

不利益を与えてくる相手に対して

そのように願うのは難しいかも知れません。

 

私自身も正直、難しいと感じます^^;

 

ですが、潜在意識を活用して

どのような困難な問題でも解決できている人は

そのように実践しているのです。

 

ですから、潜在意識の無限の力を信じて

先ほどの医者のように自分に不利益を与えてくる人に対しても

その潜在的に素晴らしい部分もあるであろうことを肯定し、

その人の幸運や成功を願ってみてはいかがでしょうか。

 

私もせっかく今回のお話で

「自分に対して否定的な人の成功や幸福を願う」ということを

思い返すことができたので、それを実践してみようと思います^^

 

もし、あなたにもあなたに否定的な人や不利益を与えてくる人がいるなら

今日を境に一緒にその相手の幸福や成功を願って行きましょう^^

 

なかなか難しいなと感じる場合は

他のお話も含めて何度もこのブログに戻ってきていただいて

学び返して頂けたらと思います。

 

あなたが何度戻ってきても新しい学びや大事なことを思い返せるように

私もがんばって記事を更新し続けて行きます^^

 

あなたがこのブログから多くのことを学び、実践して

あなたの理想を実現することが私の願いでもあるのですから^^

 

という感じで今回はこのあたりで失礼します。

 


素戔嗚(スサノオ)神社~Susanoo Shrine- Tokyo~