引き寄せの法則と潜在意識を実践し願いを叶える記録

引き寄せの法則や潜在意識で学んだ事を記録して行きます

あなたの願いが叶いお金が近づいてくる考え方

こんにちは

クローバーです^^

 

f:id:hikiyose2:20160507014254j:plain

 

今回の引き寄せの法則と潜在意識は

「あなたの願いが叶いお金が近づいてくる考え方」です。

 

今回のお話は、「マーフィー眠りながら巨富を得る」の

第5章「あなたにお金が近づいてくる考え方、遠ざかる考え方」の

まとめの記事になります^^

 

【目次】

お金に悪い感情を持たない

 

では、さっそく、次の一節から入って行きましょう。

 

「お金と仲良しになりなさい。

そうすればいつもお金をもつようになるだろう」

という古いことわざがあります。

お金とは神のアイディアであり、われわれの間を循環しながら

経済的な健康を維持しているのだと考えてください。

お金はあなたの人生を循環しているのだと念じてください。

そうすればあなたの潜在意識は、あなたが必要とするだけのお金を

すべて持つように取りはからってくれるでしょう。 

(出典:マーフィー眠りながら巨富を得る)

 

あなたは仲の良い友人に対して

どのような感情や態度で接するでしょうか?

 

いろいろな感情があるとは思いますが、

その友人に感謝したり、「いてくれて良かった」と思ったり

するのではないでしょうか?

 

少なくても悪口を言ったりすることはないと思います。

 

お金や願いが叶う事に対しても同じです。

 

多くの人は「お金を願う事」に対して「良くない事」と考える風潮があります。

 

確かにお金を得る事だけを目的にするのはおすすめではありませんが、

「お金を得たいと思うことが良くない事」と感じることも

良いこととは言えません。

 

「お金を悪用する人」が悪いのであって

お金そのものが悪いわけではありません。

 

車を考えてみるとわかりますが、

車そのものは便利で多くの人にとって良いものです。

 

家族や恋人などと旅行に行ったり、仕事で使ったり

多くの人はその恩恵を受けていると思います。

 

ですが、事故を起こしたり、人をひいてしまったりした場合には

とても凶悪な乗り物になるでしょう。

 

その場合、悪いのは「車の存在自体」ではなく

「車を運転している人」になるワケです。

 

それと同じで、お金は多くの人がその恩恵を得ています。

 

私たちすべてにとって「良いもの」だという事を認識することが

とても重要です。

 

それを理解していないと「お金を願うことは悪い事」

という考え方になってしまうのです。

 

それの考え方を変えられないと

あなたは欠乏から自由になることはできなくなってしまいます。

 

ですから、「お金がない」という欠乏に目を向けたり

「お金は悪いもの」という認識を持たずに

「常に自分の元にいてくれる友人」のような感覚を持つと

あなたの周りを常に循環しながらあなたの周りに続けてくれる事でしょう。

 

では次の一節に入って行きます。

 

お金を悪く言うとお金は去って行く

 

もしあなたがお金を、汚ない富だとか諸悪の根源と呼んだり、

その他同じようなことを言ってお金を非難するならば、

あなたのお金には翼がはえて飛び去って行きます。

 

私たちは「金の亡者」とか「守銭奴」などの言葉を知っています。

 

そして、お金を得ようとする人に対して

良くないものを見るような態度で接する事があります。

 

そして、また、「お金持ちは性格が悪い」とか

「富を得ている人は悪いことをしている」という不思議な印象があります。

 

中には性格が悪い人もいれば、悪いことをする人もいるかも知れませんが、

それは、貧しい人も同じではないでしょうか。

 

統計を取ったワケではないですが、

どちらかというと「貧しい人」の方が「欠乏」や「否定」「批判」などに

目を向けていることが多いように感じますがどうでしょうか。

 

むしろ、富裕の人の方がそれらに目を向けないため、

余裕があり、おおらかな場合が多いのではないでしょうか。

 

基本的に「お金自体」に善し悪しはなく、

それに対して、その人が「どう扱うか」という事で善し悪しが決まるのです。

 

ですから、もし、あなたが

「お金は悪いもの」という考えを持っているのであれば

まず、その考えを変えることにして行きましょう。

 

考えを変えることを意識しながら、次の一節に入って行きましょう。

 

 

 

あなたは豊かな報酬を受ける権利がある

 

お金に対して新しい態度をとりなさい。

そしてあなたの仕事が著作であれ、教職であれ、園芸であれ、何であれ、

あなたは豊かな報酬を受ける権利があることを悟ってください。

あなたの人生の中をお金が豊かに循環している時に、

あなたがなしうるすべてのよきことを考えてください。

(出典:マーフィー眠りながら巨富を得る)

 

多くの人は「自分の仕事はこれだからこの程度の賃金しか得られない」

という固定観念を持っています。

 

その固定観念が信念となってあなたの潜在意識に送りこまれて行くのです。

 

ですから、当然、その通りになって、

あなたが予想しているだけの固定観念通りの賃金を得る事になります。

 

ですが、

多くの富を得た人や願いを叶えている人、成功している人の多くは

そうではありません。

 

「自分はより豊かな報酬を得る権利がある」とか

「必ず成功するだろう」という気持ちを持っていたはずです。

 

その気持ちを持ち続けていたからこそ、

彼らに「アイディア」や「運」などが味方してくれているのです。

 

ですから、あなたが今、どのような仕事や雇用形態であっても

「自分の賃金レベルはこの程度」というような固定観念は持たないください。

 

その固定観念があなたの人生を創り上げるのです。

 

ですから、反対に「自分に願いは必ず叶うと決まっている」とか

「私は豊かな報酬を受け、富裕になる権利がある」という信念を持てれば、

それがあなたの潜在意識に送りこまれますので、

それがあなたの現実となるのです。

 

ぜひとも、あなたには「願いがすべて叶う権利がある」とか

「富裕になる権利がある」という事を疑うことなく信じ続けてください。

 

そうして行く事で、

あなたが願った通りの人生になるためにすべきことが

自ら現れてくれるのです。

 

それを理解して頂いたうえで、最後の一節に入って行きましょう。

 

お金は良いものだと認識する

 

あなたはいくら一生懸命働いても、お金を嫌ったり

それを批判したりすれば、経済的に窮乏することになるでしょう。

 

今までの話の流れでこの一節に対しては

多くの人が理解してくれていると思います。

 

私は本を読む事が好きで学ぶことが大好きです。

そういった本を買うのにもお金は必要です。

 

あなたが家族や大切な人とどこかに旅行に行きたいと考えた場合、

金銭的な余裕がある場合とそうでない場合では

行ける場所や宿泊場所のクオリティ、目的地までのルートなど

あらゆるものの選択肢が増えますね。

 

そもそも金銭的にまったく余裕がなければ

家族や大切な人を旅行に連れて行ってあげることさえできないでしょう。

 

かつての私がそうでした。

 

その時の私も含めて、そういう場合、多くの人は「欠乏」に目を向けます。

 

ですが、欠乏に目を向けても良い事などは一つもないのです。

 

まず、頂いたお給料などに感謝して

「お金は良いもの」という事を強く認識しましょう。

 

豊かな人たちを妬んだり批判するのではなく、

自分もそうなる権利があるのだと信じましょう。

 

ここで大事なことは、力んだりしない事です。

 

心や身体をくつろがせ、リラックスした状態で

あなたの願いが叶ったり、金銭的に豊かに権利があると信じるのです。

 

それをくり返して行く事で

あなたが望んだ通りの人生を得るために必要なものが

自ら現れてくれるのです。

 

比較的長い話になりましたし、

あなたの考え方をまるっきり変えて行く作業になるかも知れません。

 

初めから完全にうまく行く事は難しいでしょう。

 

ですから、何度でも当ブログに足を運んでいただいて

考えや感情をリセットするように心掛けてみてください。

 

それを続けて行く事で必ずあなたはあなたの望んだ通りの

理想のあなたになれているハズです。

 

といったところで今回はこのあたりで失礼します。

 


素戔嗚(スサノオ)神社~Susanoo Shrine- Tokyo~

 

【おススメ記事】

www.hikiyose-senzaiishiki.com