引き寄せの法則と潜在意識を実践し願いを叶える記録

引き寄せの法則や潜在意識で学んだ事を記録して行きます

【パワースポット】日枝神社

こんにちは

クローバーです^^

 

今回の神社とパワースポット巡りは

永田町にある日枝神社です^^

 

https://www.instagram.com/p/BK9rGZ_Akm_/

 

今回の日枝神社さんは、

私が神社巡りを始めるきっかけになったともいえる神社さんで

大好きな神社さんの一つですので、

今回記事にすることができて本当にうれしいです^^

 

【目次】

日枝神社

 

日枝神社さんは東京十社の一つでもあり、

東京五社の一つでもある歴史と格式のある神社さんで

ご由緒の一部に次のようにあります。

 

当社は武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として江戸氏が山王宮を祀り、さらに文明10年(1478)太田道灌公が江戸の地を相して築城するにあたり、鎮護の神として川越山王社を勧請し、神威赫赫として江戸の町の繁栄の礎を築きました。

やがて天正18年(1590)徳川家康公が江戸に移封され、江戸城を居城とするに至って「城内鎮守の社」「徳川歴朝の産神」として、又江戸市民からは「江戸郷の総氏神」「江戸の産神」として崇敬されました。

 

また「官幣大社」の一つとしても名を連ねています。

 

有名な神社さんで他の官幣大社に名があるのは

出雲大社や熊野大社、伏見稲荷大社、八坂神社、宗像大社など

今、挙げた神社さんの他にも氷川神社や明治神宮など

有名神社さんが並んでいます。

 

官幣大社とは

 

官幣大社とは簡単に言えば

近代社格制度の一つで官幣社と国弊社があり、まとめて官国弊社ともいうそうで

官幣社は祇園官が祀り、国弊社は地方官(国司)が祀るそうで、

官幣社の方が国弊社よりも上にあるそうです。

 

ウィキペディアによると

官社の社格の順
官国幣社(官社)については、官幣社は国幣社よりも格が上とされ、それぞれ大・中・小の順に格が下がる。

『神道辞典』などによると、

官幣大社>国幣大社>官幣中社>国幣中社>官幣小社>国幣小社>別格官幣社 となるが、

官幣中社と国幣大社はどちらが上かなどの明確な規定はない。

となるそうです。

 

ちなみに伊勢神宮は「全ての神社の上にあり、社格のない特別な存在」

ということで、文字通り「別格」というところでしょう。

 

山王鳥居

https://www.instagram.com/p/BUULB4VlfeY/

 

そして、日枝神社は「山王日枝神社」とも言い、

その鳥居は比較的珍しい「山王鳥居」といいまして

鳥居のてっぺんが山のように三角になっていいます^^

 

末社

https://www.instagram.com/p/BPjsQIUgzG8/

 

お末社には

・山王稲荷神社(左)

・八坂神社(右)

・猿田彦神社(右・相殿)

があります。

 

こちらのお社もパワーがあるとされていますが、

もう一つ日枝神社さんの記事を書きたいので

その時に書いて行こうと思います^^

 

ちなみにですが、

猿田彦大神は「道開き」のご神徳があるとされ、

ここ日枝神社でも「みちびき守り」というお守りが人気だとか。

(私も身に付けていました(笑))

 

拝殿

https://www.instagram.com/p/BZ6KI26hOKm/

 

そして、拝殿です。

 

この日は何かのイベントのリハーサルをしていたようでした。

 

何となく撮った写真だったのですが

雲がまるで龍のように見えるので、とても気に入っています^^

 

御神前で手を合わせると、本当に心地よく、

とても落ち着いた気持ちになるので毎月参拝させて頂いています^^

 

 

 

ご祭神

 

主祭神:

大山咋神(おおやまくいのかみ)


相殿:

国之常立神(くにのとこたちのかみ)
伊弉冉神(いざなみのかみ)
足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)

 

が、お祀りされています。

 

大山咋神

 

大山咋神は山の地主神、農耕(治水)を司るとされていて

また、「松尾さま」として酒造の神ともされています。

 

大年神(おおとしのかみ)の子でスサノオ神の孫にあたるそうです。

 

また、比叡山に天台宗の延暦寺が出来てからは

その守護神とされ「山王権現」と呼ばれています。

 

先ほどの「山王鳥居」は山王様から来ているのですね^^

 

国之常立神

 

国之常立神は古事記によると

造化三神(天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神)、

宇麻志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコシ)、

天之常立神(アメノトコタチ)の五柱の神(別天神といいます。)

のあとに世界を直接つかさどる神として誕生したそうです。

 

「神世七代」の最初に現れた神とされ、

日本書紀では一番最初に誕生した神として紹介されています。

 

いずれにしても「国土形成の根源神」として

かなり重要な位置にある神様です。

 

伊弉冉神

 

先ほどの国之常立神が「神世七代」の最初に現れた神さまで、

伊弉冉神は、その神世七代の最後に誕生した神様です。

 

伊弉諾神と共に「国生み」や「神生み」として知られていて

日本で最初に夫婦になった神様としても知られています。

 

足仲彦尊

 

足仲彦尊は第十四代天皇の「仲哀天皇」だそうで、

あの日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の第二子で

自身の子にはあの「応神天皇(八幡様)」だそうです。

 

江戸城の裏鬼門

https://www.instagram.com/p/BT35anRFSLr/

 

また、江戸城の裏鬼門に位置していて

その守護となっているそうで御朱印には

この「皇城の鎮(こうじょうのしずめ)」と書かれています。

 

ちなみに江戸城の鬼門を守護するのは

江戸総鎮守の「神田神社(神田明神)」です。

 

日枝神社の神使

https://www.instagram.com/p/BPtYWVZgReQ/

 

日枝神社の神使は「猿」とされていて

神猿像が拝殿前に祀られています。

 

「神猿」は「まさる」と読み、「魔が去る」とも言われますし、

「猿」は「えん(縁)」とも読みますので「縁結び」とも言われます。

 

妻猿をなでると運気が上がると言われています^^

 

日枝神社の藤棚

https://www.instagram.com/p/BTZE183lEhX/

 

個人的に好きなのは日枝神社には美しい藤棚があります。

 

藤棚は同じ東京十社の亀戸天神が有名ですが

ここ日枝神社の藤棚もかなり良いと思います^^

 

日枝神社のご利益

 

永田町という場所もあり、政財界に崇敬者が多い。

と言われていて、仕事運や出世運、商売繁盛、社運隆昌など

ビジネスにかかわるご利益が多いとされています。

 

また、先ほどの神猿のところでも話しましたが

「縁結び」や「子授け」などのご利益もあるとか。

 

パワースポット「男坂」

https://www.instagram.com/p/BT6I9j6lTwd/

 

この写真の鳥居が「男坂」で、

そこから参拝すると良いとされています。

 

他にも拝殿前や末社の猿田彦神社などが

有名なパワースポットと言われています^^

 

一度、職場の仲間と午前中に参拝したことがあったのですが、

ほとんど誰もいない貸し切り状態で、

神門をくぐった瞬間に良い意味で空気が全く違う感じになり、

職場の仲間と思わず顔を見合わせた事があります。

 

毎月、参拝させて頂く神社さんですが、

本当に何度参拝させて頂いても心地良くさせて頂いています^^

 

日枝神社の藤棚の動画

 


【パワースポット】日枝神社の藤棚~Hie Jinja Shrine - Tokyo~

 

日枝神社へのアクセスと最寄り駅

 

最寄り駅
地下鉄(千代田線)赤坂駅(出口2)徒歩3分
地下鉄(南北線・銀座線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
地下鉄(千代田線)国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
地下鉄(銀座線・丸の内線)赤坂見附駅(出口11)徒歩8分

 

日枝神社周辺の地図

 

 

【おススメ記事】

www.hikiyose-senzaiishiki.com