引き寄せの法則と潜在意識を実践し願いを叶える記録

引き寄せの法則や潜在意識で学んだ事を記録して行きます

願いを叶えるには

こんにちは

クローバーです^^

 

f:id:hikiyose2:20160507014254j:plain

 

今回の引き寄せの法則と潜在意識は

「願いを叶えるには」です。

 

当たり前の事を言うようですが

私たちは私たちの願いを叶えたり、

欲しいモノを手に入れたりするために

引き寄せの法則や潜在意識を学び、実践していますね。

 

ですから、私たちは願望を叶えたり、

欲しいモノを手に入れたり出来るのです。

 

ですが、多くの人は

思い通りの人生を手に入れられていないのも事実です。

 

いつも言うようですが

引き寄せの法則はとてもシンプルです。

 

私たちの願いが叶うようなやり方をすれば

必ず願望は叶い、望んだモノは手に入るのです。

 

引き寄せの法則にこんな一節があります。

 

事実として受け入れれば、望みはかなう。

<受け入れる>とはマイナスの波動がないこと。

<疑う心>もまたマイナスの波動で、

しばしば固定観念から生まれます。

(出典:『引き寄せの法則』マイケル・J・ロオジエ) 

 

 

 

この一節は引き寄せの法則を

かなり凝縮している感じですね。

 

「事実として受け入れる」という事は

他の言い方をすれば「既に叶ったかのように振る舞う」とか

「既に手に入れていると思う」などになるでしょう。

 

この「既に手に入っているかのような状態」

というのが重要になります。

 

例えば、あなたの目の前には

パソコンかスマートフォンなどがありますね。

 

それらのインターネットに接続できる機器がなければ

この記事は読めていないワケですから。

 

仮にあなたが

パソコンでこの記事を読んでいるとしましょう。

 

という事は

今、あなたは必ずパソコンを持っています。

 

それは「パソコンを既に持っている」

という事実がありますね。

 

ですから、あなたは何かの話をする時でも

パソコンがある前提で話をするでしょう。

 

あなたの思考の中には

「パソコンがある」という事が事実としてあり、

「家に帰ったらパソコンがなかったらどうしよう」

という疑いの気持ちや思考になる事はないと思います。

 

ここでいう「受け入れる」とは

そのくらいの思考であなたの願望を思う。

という事です。

 

あなたの願望が「お金持ちになる事」だとしたら

あなたは既にお金持ちになっている前提で話をしたり

願いや希望を語ったりする事です。

 

よく言われる例えですが

成功者と呼ばれる人たちは成功のみを語り

成功だけを話し、成功しか考えていないのです。

 

そこに「うまく行かなかったらどうしよう」とか

「失敗したらどうしよう」などの考えはありません。

 

そのような「疑いの概念」は一切ないというか

思考の片隅にさえないワケです。

 

ですから必ず成功するのです。

 

先ほどのパソコンの話ですと

「家に帰ったらパソコンがなかったらどうしよう」

などと考えないというか、思考の片隅にさえないのと同じです。

 

それが「受け入れる」という事です。

 

私たちが私たちの願いが叶う事や

欲しいモノが手に入る事に対して

疑う心が一切ない状態になれば

私たちの願いが叶うまでの速度は一気に加速するのです。

 

引き寄せの法則と固定観念に関しては

こちらの記事で詳しく話しています^^

↓ ↓ ↓

www.hikiyose-senzaiishiki.com

 

という感じで今回はこのあたりで失礼します。

 

お読み頂きありがとうございます^^

 

私たちは望んだモノをすべて手に入れる資格があるのです!

 

あなたにも私にも

希望と幸運で満ち溢れた日々が訪れますように^^