引き寄せの法則と潜在意識を実践し願いを叶える記録

引き寄せの法則や潜在意識で学んだ事を記録して行きます

引き寄せの法則とは

こんにちは

クローバーです^^

 

f:id:hikiyose2:20170815215837j:plain

 

今回の引き寄せの法則と潜在意識は

「引き寄せの法則とは」です。

 

あなたはどのような理由で

引き寄せの法則や潜在意識を学ぼうと思ったのでしょうか?

 

あなたの願いを叶えたい。とか

欲しいモノを手に入れたい。とか

理想の人生を得たい。などでしょうか?

 

または「現状から抜け出したい」という人も

多いかも知れませんね。

 

私の場合は、

前者のように「願望」や「希望」というより

「とにかく現状を何とかしたい!」という感じでした。

 

もっと簡単に言えば

「お金がない状況を何とかしたい」という感じですね^^;

 

今にして思えばシンプルな事なのですが

当時の私が「お金がない状況を何とかしたい」と

考え続けていたからこそ、その状況が続いたのでしょう。

 

引き寄せの法則にこんな一節があります。

 

忘れないでください!「引き寄せの法則」とは、

注意と意識を向けたものが手に入るようになるという法則であり、

「願望の宣言」はその実現を助けてくれます。

(出典:『引き寄せの法則』マイケル・J・ロオジエ)

 

 

いつも言うようですが、

引き寄せの法則はとてもシンプルです。

 

私たちが注意と意識を向けたものがやって来るのです。

 

ですから、先ほどの話ですと

私が注意と意識を向けていたものは

「お金がない状況」になります。

 

常にそれに注意を向けているわけですから、

常にその状態を引き寄せるのワケです。

 

もし、その時に「お金がある状態」に

注意と意識を向ける事がでいていれば

また違った状態になっていたのでしょう。

 

このあたりがややこしい所ではあるのですが、

「足りない」「ない」などの表現をする場合は

特に気を付けた方がいいですね。

 

自分では気付かないうちに

「足りないモノ」や「持っていないモノ」「出来ていないモノ」

などに意識や注意を向けてしまっている事がほとんどです。

 

ですから、よりその状況を

引き寄せる事になってしまうのです。

 

ですから、もし、

その状況に目を向けてしまっているのであれば

その反対の事に意識を向けてみましょう。

 

例えば先ほどの話ですと

「お金がない状況を何とかしたい!」という事は

「お金がない」という事にフォーカスしています。

 

ですから、その反対に

「どのような状況なら私は嬉しいのだろう」とか

「それなら私は何が望みなのだろう」と考えてみます。

 

すると、その答えが分かります。

 

その答えが、

あなたが本当に注意と意識を向けるべきものなのです。

 

先ほどの話の流れでいうなら

「お金がない状況」であれば、その反対の願いは

「お金に不自由しない状況」や

「使いきれないくらいお金がある状況」などなど

ワクワクするような状況を考える事が出来ますね^^

 

それらに意識と注意を向ける事で

私たちは私たちが望んだモノを引き寄せる事が出来るのです!

 

それが理解できるようになり、それを実践して行く過程で、

私自身、請求書を見ても不安になったり

お買い物の時に財布からお金を出してもネガティブならずに

済む状況になりました(笑)

 

ですから、私たちは常に

私たちが望むモノ、欲しいモノ、願う状況などに

意識と注意を向けて行くべきです。

 

それが手に入るものが

「引き寄せの法則」なのですから^^

 

という感じで今回はこのあたりで失礼します。

 

お読み頂きありがとうございます^^

 

私たちは望んだモノをすべて手に入れる資格があるのです!

 

あなたにも私にも

希望と幸運で満ち溢れた日々が訪れますように^^