引き寄せの法則と潜在意識を実践し願いを叶える記録

引き寄せの法則や潜在意識で学んだ事を記録して行きます

怒りは相応しくない

こんにちは

クローバーです^^

 

f:id:hikiyose2:20160507014254j:plain

 

今回の引き寄せの法則潜在意識

怒りは相応しくない」です。

 

私たちは人間ですから感情があります。

 

イラ立ったり、怒りを覚えたり、落ち込んだり・・・。

 

時としてそんなネガティブな感情を

持ってしまう事もあるかも知れません。

 

ですが

そのような感情を持つ事は

良いモノではありません。

 

先ほども言いましたが私たちは人間です。

 

ですから

ネガティブな感情を持つ事もあるかも知れません。

 

それと同時に

私たちは人間であるが故に

成長する事が出来るのです。

 

そうです。

 

私もあなたも引き寄せの法則や潜在意識を学び、

自分の感情をコントロールする事が出来るのです。

 

ですから

成長した私たちにはネガティブな感情は

相応しくないのです。

 

引き寄せの法則にこんな一説があります。

 

「成長した私たちに怒りは相応しくありません。

 イラ立ちを感じた時には、自分が何者かを思い出して

 低い気持ちを乗り切りましょう。」

 

あなたが望む「あなた自身」は

どのような人物ですか?

 

感情に流され、

低い自分に支配されているのですか?

 

それとも

低い自分を支配して望んだ通りの人生を

歩んでいるのですか?

 

目を閉じて自分自身の理想の姿を

思い浮かべてみましょう。

 

理想のあなたは怒りに震えた表情ですか?

 

理想のあなたは最高の笑顔をしていませんか?

 

恐らく後者なハズです。

 

ですから

私たちは感情を支配し、

低い自分を支配して行く必要があるのです。

 

なぜなら

成長した私たちに怒りなどのネガティブな感情は

相応しくないからです。

 

私たちは

私たちの願いを叶える事が出来る者なのです。

 

そういうモノに相応しい感情を

常に心掛けて行きましょう。

 

という感じで

今回はこのあたりで失礼します。

 

お読み頂きまして

ありがとうございました。

 

私たちは望んだモノを手に入れる資格があるのです。

 

あなたにも私にも

希望と幸運に満ち溢れた日々が訪れますように。

 

f:id:hikiyose2:20160507020050j:plain